将来何をやりたいのかを考え、一人一人が自分の時間を作る総合学科では、自己の個性を発見したり、将来の生き方や進路を考える学習や指導を大切にしています。そのために、原則履修科目として「産業社会と人間」を設けたりガイダンスを充実させたりしています。

 学び方を学び、生涯にわたって学び続ける意欲を持つことができるように、自ら課題を見つけ、自分で調べたり、研究したりして自分で答えを出す学習を重視しています。


 総合学科では、各学年で、何を勉強するか決まっていません。いつ、どの科目を勉強するかということは、自分で決めます。また、学校が定めている単位数を修得すれば卒業が認められる「単位制」という仕組みも採用されています。また、英語検定や商業検定などの技能審査の成果、ボランティア活動なども単位として認められます。



   中学生のページへ戻る