ブログ

人権委員会夏季研修

8月1日(水)に人権委員会夏季研修がありました。

第1講座では、本校の福祉サービス系列選択生徒がAqua Timezの「虹」の手話コーラスを披露しました。

その後、グループに分かれて、手話を教え、

それぞれのグループが手話コーラスを披露しました。

 

 

第2講座では宝本志保先生の「同和教育と共に」の講話を聞きました。

実体験をもとに、差別の悲惨さや戦うことの大切さを教えて頂きました。

 

 

 第3講座では矢野奈美先生の「世界一大きな授業」の講話に参加しました。

グループになって、あってもいい違い、あってはいけない違いについて話し合いました。

 

 

 

第4講座では「昔話の桃太郎はほんとうに正しいことをしたのか」について考察しました。

桃太郎、村人、鬼の子どもの立場を考えたうえで、どのような解決が最も良かったのかについて、グループで考え、発表しました。

 

 

第5講座では「人権カレンダーの作成」を行いました。

人権啓発のためのカレンダーを作成しました。

 

 

全体を通じて、差別解消に向け、正しい知識を学び、様々な立場の人の考えを踏まえたうえで、行動に移すことの大切さを学びました。