ブログ

カテゴリ:福祉系列関係

介護実習(2年次)

<11月9日の様子>2年次福祉サービス系列選択者が

11月7日~20日(土日は除く)の間、介護実習を実施しています。

生徒たちは介護実習先「ことぶき荘、青葉荘、西安、つわぶき荘」に分かれて

福祉の授業で身につけた知識と技術を生かして、現場で頑張っています。

1年次生 福祉サービス系列選択生徒の授業開始

10月15日(月)
 1年次生 福祉サービス系列選択生徒23名の今年度の授業が開始されました。「介護の専門職である介護福祉士を目指し頑張ります」と決意を述べてくれました。将来の地域の福祉社会を担うために頑張る姿に、本校の校歌の歌詞の一部をとって「鵬のこころざしもて」とエールを送りたいと思います。

 
 1・2・3年次生 福祉サービス系列選択生徒全員集合です
   
 先輩の2・3年次 福祉サービス系列選択生徒からエールが送られました

9月27日(木)『みんなで一緒に町歩き』を実施

 川之石を「みんなにやさしい町に」「安全・安心な町にしよう」というテーマのもと川之石小学校4年生と地域の日赤奉仕団の方たちと川之石高校3年次福祉サービス系列選択者16名で、町歩きを実施しながら、私たちのふるさとをより暮らしやすい町にするために必要なことは何かと考えました。

8月28日『コースの下見』
 川之石小学校の宇都宮先生のご指導を仰ぎながら、3年次福祉サービス系列の生徒で、町歩きのためのコースの下見を行いました。歩行中に注意する点、環境に配慮されている点などの確認を行いました。

8月29日『コース下見の結果の確認』
 コースの下見の結果を、地図に記入しまとめました。小学生と町歩きをする場合に配慮しなければならない点について改めて考え、自分たちの役割の確認を行いました。

9月25日『参加者全員が初めて集合』
 川之石小学校で、町歩きに参加する全員が初めて集まり、グループごとに顔合わせを行いました。自己紹介やゲームを通して親睦を深めました。川之石小学校の先生から「みんなにやさしい町」「安全・安心な町」にするためにできることを考えようというミッションを受け取りました。

9月27日『町歩きを実施』
 8グループに分かれ、町歩きを実施しました。グループごとに高齢者・視覚に障害がある方・車イスを利用されている方などさまざまな立場に立ち、そのような方も含めて全ての人が、一人でスムーズに町を歩くためにはどのような環境であることが望ましいか、また何が必要かということについて意見を出し合いながら歩いてみました。年代によって環境整備に求めるものはさまざまで、どの意見も参考になるものばかりでした。学んだことが、川之石の福祉社会を考える一歩となればいいなと思います。

 

9月26日(水)「認知症サポーター養成講座」を受講しました。

 八幡浜市の地域包括支援センターからキャラバン・メイト2名が来校され、「認知症サポーター養成講座」を実施していただきました。2・3年次福祉サービス系列の生徒31名が受講しました。認知症の中核症状や行動・心理症状、認知症の方への支援方法などについて学びました。認知症の方に対応する場合は、まずは見守る、穏やかにはっきりした話し方で対応するなどポイントを丁寧に教えていただきました。認知症サポーターであることの目印となる『オレンジリング』をいただき、川之石高校からの31名の認知症サポーターが誕生しました。

 

琴平さくら会のみなさんとの交流会

 7月20日(金)に福祉サービス系列の2年次生が琴平さくら会のみなさんと交流をしました。
短冊に願い事を書いたり、八幡浜クイズや豆つかみなどのゲームをして楽しみました。
男子はエッサッサを披露しました。みなさんに喜んでいただき、笑い声でいっぱいのとても楽しい会となりました。

 

『「高校生介護技術コンテスト」四国地区審査に向けた校内予選会の実施』

7月12日(木)
 平成30年度産業フェア山口大会「高校生介護技術コンテスト」四国地区審査に向け、学校代表を決定するために校内予選会を行いました。3年次生福祉サービス系列16名が4チームに分かれ、2年次生福祉サービス系列が審査員となり実施しました。四国地区予選の課題に対して、自分たちのグループはどのような思いで実施しようとしているのかを述べ、実際の場面を想定し介護技術を自分たちで考えた手順で実施しました。その結果、女子3名のグループが代表に決定しました。「緊張したけど選ばれて嬉しい」と感想を述べてくれました。次は、四国地区代表となれるよう、生徒も教員も頑張りたいと思います。

保護者向け科目選択・福祉系高校説明会

6月21日木曜日 18:00から本校体育館で、

「科目選択及び福祉系高校保護者説明会」を実施しました。

 

科目選択は、単に授業選択というだけでなく、

 

生徒の進路選択に関わる大切なものです。

 

保護者の方はお忙しい中にもかかわらず、多数の参加がありました。

 

数少ない「福祉系高等学校」としての説明もありました。

 

本校の教育活動に、御理解、御協力いただきありがとうございます。

「理学療法士の先生から介護技術の指導」

5月21日(月)・22日(火)・23日(水)

 3年次生の福祉サービス系列選択者16名が、介護老人保健施設「長浜ひまわり」の理学療法士 井下ゆかり先生から、移動・移乗・安楽な姿勢などの介護技術の指導を受けました。利用者さんの尊厳、安全・安心、自立支援を心がけた介護であり、同時に介護者にとっても安全な介護でなければならないと学びました。また、新しい福祉用具の使い方なども学び、これから介護の専門職となる生徒には参考になるものばかりでした。

「伊方中学校への出前授業」

5月17日(木)

 伊方中学校3年生を対象に、3年次福祉サービス系列選択者4名と教員2名で、出前授業をさせていただきました。テーマは「福祉とは何か」です。「福祉とはすべての人に関わっている」といった内容の講義と「移動・移乗の介護技術について」の内容で実施しました。

スライディングシートやスライディングボードを用いた、利用者さんも介護者も負担を軽減するための移動や移乗の方法を実際に伊方中学校の生徒さんにも体験していただき、介護の現場の様子を少し知ってもらえたのではないかなと思いました。

 このような貴重な体験が出来るお時間をいただいた、伊方中学校の3年生のみなさんと教職員の皆様に感謝いたします。ありがとうございました。